新しいメカニズム

うつ伏せの女性

弱いエネルギーでも効果がある

従来の医療脱毛のメカニズムでは、必ず毛根の細胞を破壊することが必要であると考えられていたために、出力の高いレーザーが好んで用いられていました。たしかに、出力の高いレーザーを使用すれば短時間で細胞を破壊することができ、また、再生が緩やかになることから、医療脱毛では最良の方法であると長らく信じられてきたのです。しかしながら、新しい論理が発見されたことにより、必ずしも出力の高いレーザーを必要とするわけではないことがわかってきました。永久脱毛の新しいメカニズムでは、毛根にあるバルジ領域を破壊することで体毛の成長を止め、脱毛効果を高めることが可能です。このバルジ領域という部分を破壊するためには、必ずしも出力の高いレーザーを必要としません。弱いエネルギーを使って熱を蓄えることにより、永久脱毛の実現を可能としました。これにより、高いリスクを負って高出力の医療レーザー脱毛機器を用いる必要がなくなり、脱毛サロンでも安全性の高い弱いエネルギーでの施術ができるようになったのです。この新たな脱毛のメカニズムの発見によって、現在ではバルジ領域のみにエネルギーを与えて脱毛をするという仕組みが導入されるようになりました。このマシンは安全性が高く、出力もそれほど高くないことから、サロンでの利用ができるようになりました。新しい脱毛マシンの導入が進められたことによって、以前よりも短時間かつ安全に施術ができるようになったのです。